スリジエセンター1991

今年最後の更新は読書記録になりそうです。

読み終えてから、またまた少し日が過ぎてしましましたが、

読み終えた本は、
海堂尊さんの
「スリジエセンター1991」です。

スリジエセンター1991 [ 海堂尊 ]

価格:1,680円
(2012/12/27 22:23時点)
感想(6件)




ちなみにスリジエ(Cerisier)はフランス語で桜の木。

このお話は「ブレイズメス1990」のその後のお話。
今回も世良先生がメインですが、研修医の速水先生、
医学生の彦根新吾も登場します。

話の舞台もバチスタシリーズと同じ、東城大学医学部付属病院なので、
バチスタシリーズや他の「桜宮サーガ」作品との関連を
思い出しながら読んで見るのも、楽しいかも知れません。

極北シリーズに「病院債権請負人」として世良先生が登場していますが、
まだスリジエ~極北の間が少し開いているので、
スリジエ~極北までの世良先生のお話が今後あるのかな?
と気になった1冊でもありました。







ブレイズメス1990 [ 海堂尊 ]
楽天ブックス
海堂尊 講談社発行年月:2010年07月 予約締切日:2010年07月08日 ページ数:339p サ


楽天市場 by ブレイズメス1990 [ 海堂尊 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




極北クレイマー
朝日新聞出版
海堂 尊

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 極北クレイマー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"スリジエセンター1991" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント