植物図鑑

今回の本は、再読の本。 3月中に読み終えてはいたのですが、 再読だけど、記録には残していない本なので、 カウントすべきかどうか悩んでいるうちに 4月になってしまいました。 有川 浩さんの 「植物図鑑」 >植物図鑑 [ 有川浩 ]価格:740円(2017/4/1 14:17時点)感想(89件) この本を最初に読んだのは、 図書館戦争シリーズを読み終えた後ぐらいだった気がします。 だからもう4.5年前。 昨年、高畑充希さん・岩田剛典さん主演で映画化もされているので、 ご存知の方も多いと思います。 甘く切ないラブストーリーですが、 食すことが出来る草花が季節と共に登場し、 普通のラブストーリーとは一味違った内容です。 表紙のデザインはカスヤナガトさん。 私にとって、カスヤさんのデザインの本に、 興味を持ち始めたきっかけの本でもあります。 未来が見えて僕はちょっと困ってる [ 笠岡治次 ]楽天ブックス 長編小説 竹書房文庫 笠岡治次 竹書房発行年月:2014年10月30日 予約締切日:2014年10月 楽天市場 by 猫色ケミストリー (『このミス』大賞シリーズ)宝島社 喜多 喜久 Amazonアソシエイト by

続きを読む

アンマーとぼくら

10月に入ってしまいましたが、読書記録は9月分です。 今日の更新分は、 有川 浩さんの最新作 「アンマーとぼくら」 アンマーとぼくら [ 有川浩 ]価格:1,620円(2016/10/1 23:12時点)感想(5件) 沖縄の豊かな自然が浮かんでくる作品です。 主人公のリョウが義理の母と第二の故郷、沖縄を3日間旅するお話。 幼いころの懐かしい記憶と、「おかあさん」との観光場所が重なる普通の物語と 思って最初は読んでいましたが、2日目、3日目になると、 リョウの記憶の中で旅しているだけなのか、それとも本当に旅したのか? 何かがおかしいような気がしてきます。 読んでいて、不思議な世界に迷い込んだような気持になりながらも、 心温まるものがこみ上げてくるそんな作品でした。 こちらの作品は、 かりゆし58の名曲「アンマー」に着想を得た作品とのことで、 本を読む前に、一度だけですが、「アンマー」も聞いてみましたが、 曲の雰囲気と本の内容とは、ちょっと違うような気もしました…。 どちらかというと、曲の雰囲気からは、 桐谷健太さんの「海の声」を聴きながら読みたくなるような 作品でした。 旅猫リポート [ 有川浩 ]楽天ブックス 講談社青い鳥文庫 有川浩 村上勉 講談社BKSCPN_【有川浩作品】BKSCPN_【2,000以下3 楽天市場 by 海の声Universal Music Internat…

続きを読む

コロボックル絵物語

だれもが知ってる小さな国を読み終えてから、 こちらのコロボックル絵物語のほうが、 先に出ていたことを知り読んでみました。 有川浩さんの コロボックル絵物語 コロボックル絵物語 [ 有川浩 ]価格:1,296円(2016/8/24 17:50時点)感想(7件) 北海道に住む少女ノリコがお母さんのお墓の近くで小さな生き物と出会います。 姉からコロボックル物語の本を借て読んだノリコは、セイタカさんのように、自分も コロボックルと友達になりたくて、コロボックルに毎日手紙を書き続けます。 読み終えてから、知りましたが、 少女ノリコは「旅猫リポート」に出てくるノリコおばさんで、 お話の後半、大人になったノリコとまだ小学生のサトルも 登場します。 絵物語と題名にもついているように、 お話は短めで、絵が多いので30分もあれば読めてしまう作品です。 新イラスト版 コロボックル物語1 だれも知らない小さな国 [ 佐藤さとる ]楽天ブックス 新イラスト版コロボックル物語 佐藤さとる 村上勉 講談社BKSCPN_【手塚作品】 発行年月:201 楽天市場 by 旅猫リポート (講談社青い鳥文庫)講談社 有川 浩 Amazonアソシエイト by

続きを読む

だれもが知っている小さな国

有川浩さんの「倒れるときは前のめり」を読んでから、 有川さんの作品を久々に読んでみたくなって読んだのが、 だれもが知っている小さな国 です。 だれもが知ってる小さな国 [ 有川浩 ]価格:1,512円(2016/7/31 23:46時点)感想(2件) コロボックルというと佐藤さとるさんの本。 有川浩さんのコロボックルシリーズは、 佐藤さとるさんとの対談がきっかけで生まれたそうで…。 アマゾンなどでのレービューを見ると、 佐藤さとるさんのコロボックルシリーズファンの方には、 少し不満が残る作品のようですが、 元祖のコロボックルシリーズを読んだことのない人は、 佐藤さんの本を読んでみたくなったという感想が多くみられました。 私も佐藤さんのコロボックルシリーズは、子供のころに 確か読んだはず…。といった感じでうろ覚え状態。 ですから、私も有川さんのこの本を読んで、 改めて?佐藤さんのコロボックルシリーズを読んでみたいと思いました。 お話は、はち屋(養蜂家)の息子ヒコが主人公。 花の季節に合わせて、全国を転々とする小学生。 主な舞台は北海道。 小学校4年の夏、ヒコは、同じはち屋の娘ヒメと出会い、 そしてコロボックルとも友達になるきっかけが…。 ヒコとヒメ、そしてその親子も共通の秘密を だれにも話さず大人になる。 コロボックルは本当にいるのでは、 と思えてくるちょっと身近なファンタジー物語です。 …

続きを読む

倒れるときは前のめり

有川浩さんの 「倒れるときは前のめり」 倒れるときは前のめり [ 有川浩 ]価格:1,512円(2016/6/17 20:52時点)感想(2件) 新聞や雑誌に掲載された、エッセイやコラムなどを 纏めた一冊です。 印象に残ったのが、阪神淡路大震災を経験したからこそ言える、 自粛に関する意見でした。 東日本大震災では、こんなことまで自粛することないのに…。 と思うこともありましたが、 同じ言葉を発するにも、体験者が言う場合の方が、 確かに言葉の重みがあるように思えました。 また、、有川さん自身が読んだ本や見た映画などに ついてのエッセイやコラムもあり、 これは、私もいつか読んでみよう!と思った作品がありましたので、 メモ代わりにここで作品を書きだしておきたいと思います。 三浦しをん 「舟を編む」 冲方丁 「天地明察」 万城目学 「鴨川ホルモー」 「偉大なるしゅららぼん」 湊かなえ 「往復書簡」 植物図鑑 [ 有川浩 ]楽天ブックス 幻冬舎文庫 有川浩 幻冬舎BKSCPN_【有川浩作品】BKSCPN_【pandaーbookcover 楽天市場 by だれもが知ってる小さな国講談社 有川 浩 Amazonアソシエイト by

続きを読む

キャロリング

ようやく読書記録が追いつきました。 ちょっと季節外れになってしまいましたが、 予約待ち第3弾は、 有川 浩さんの 「キャロリング」 キャロリング [ 有川浩 ]価格:1,512円(2015/2/23 14:32時点)感想(1件) 昨年11月4日~12月23日(全8話)にわたって BSプレミアムよるドラマ枠内で、 放送されていたドラマの原作です。 有川さんの本は、今年に入って2冊目。 1月に読んだ「明日の子供たち」とはちょっと趣が異なる作品でしたが、 キャロリングもスラスラ読める作品でした。 両親の離婚の危機に悩む、小学6年生の田所航平。 クリスマスに廃業をする子供服メーカー 「エンジェル・メーカー」に勤める、 営業部員の大和俊介とデザイナーの折原柊子。 俊介と柊子はかつて恋人同士。 この三人が中心で話は進みます。 全てがハッピーエンドではありませんが、 航平にとっては、満足のいくものではありませんが、 でも納得のいく方向に。 俊介と柊子の恋の行方も、航平の手紙が 俊介を後押しして、再び始まりそうな予感が…。 ちょっと切ないラブロマンスものでもあり、 ちょっと間抜けな、サスペンスものでもある、 心温まるお話です。 ストーリー・セラー [ 有川浩 ]楽天ブックス 有川浩 新潮社【チラよみ対象商品】 発行年月:2010年08月 予約締切日:2010年08月13日 …

続きを読む

明日の子供たち

3日連続でブログを更新なんて、 久しぶり?それとももしかしたら初?? だから、どうってこともないのですけどね。 ただ年頭から珍しいことするもんだと、 自分自身で驚いているだけなんです。 くだらない前置きは、これくらいにして、 めんどくさくならないうちに、今年最初に読み終えた本の、 記録を残しておきます。 2015年最初に読み終えた本は、 有川 浩さんの 「明日の子供たち」 明日の子供たち [ 有川浩 ]価格:1,728円(2015/1/6 20:52時点)感想(4件) 児童養護施設が物語の舞台です。 テレビで見たドキュメンタリー番組みて感動して、 システム会社の営業マンから転職し、 中途採用で施設職員になった三田村慎平。 慎平の魅力的な性格は、人の立場に立って、 物事を考えることが出来ること。 気持ちが空回りして、施設の子供に壁を作られたり、 怖いもの知らずであるけど、やる気は人一倍。 教育係の先輩和泉和恵やベテラン猪俣吉行、 時には子供たちにも助けられながら、施設職員として 成長して行く慎平と共に、 実際に、児童養護施設の抱える問題や、 施設を退所した子供たちの問題などを、 判りやすく、話の中に折り込んであり、 読みやすく、中身は興味深いものでした。 また、物語の中で、本を読むことの大切さなども、 書かれていますので、これから読書を始めてみたいけど、 どんな本を読めばいいのか判らない。 …とい…

続きを読む

レインツリーの国

手づくりの方は、カメ?並みのペースで、 すこしづつ再開しております。 しかし、まだ形になったものがないので、 またもやたまりに溜まった読書記録。 図書館戦争シリーズを読んだ以降、 有川浩さんの作品にはまりつつあります。 そしてレインツリーの国は、 レインツリーの国 [ 有川浩 ]価格:420円(2013/8/9 15:22時点)感想(93件) 図書館戦争シリーズ第2弾の 図書館内乱の「恋の障害」内でタイトルが出てきた本です。 図書館内乱では、やはり聴覚障害を持つ鞠江が好きな本で、 聴覚障害を持つ女性が恋をする物語。 として紹介されています。 この本を読むとき、なぜ小牧が鞠江にこの本をお勧めしたのか? という理由を考えながら読んでみました。 私としては最初は、聞き慣れない大阪弁が出てきたので、 読み始めはちょっと難航?しました。 しかし、私自身子供の頃から耳鼻系が弱く、 もしかしたら私も聴覚障害になっていたかも ・・・という病気を何度か経験しているため、 なんかこの物語は他人事ではない気がして、 たぶん鞠江ほどではないと思いますが、 ちょっと気になる1冊になりました。 お話自体は、そんな重たいお話ではありません。 障害を自分の負い目にするのではなく、 むしろ障害を恥じることなく、普通の女性として恋をしてもいいんだよ。 と小牧は鞠江に伝えたい気持ちで、この本を薦めたのではないかな? と思い、楽しく読め…

続きを読む

別冊図書館戦争Ⅱ~図書館戦争シリーズ6~

嵌りに嵌りまくっていた、有川浩さんの図書館戦争シリーズも 別冊図書館戦争Ⅱ~図書館戦争シリーズ6~で終わり。 別冊図書館戦争(2) [ 有川浩 ]価格:660円(2013/6/30 20:11時点)感想(89件) こちらは、郁と堂上以外の脇役?の恋物語が中心。 個人的には、緒方副隊長の恋話が印象的に残っています。 この話が特に印象に残ったのは、このセリフのせいかも。 「いかなる低俗・劣悪な表現であっても、 国民はそれを自分の目で確認する権利を持つのよ。・・・」 これは、緒方が恋人から、良化法がなぜ悪法なのか教えられた言葉で、 緒方が良化特務機構から、図書隊の試験を受けた面接時にも、 語られた言葉です。 今現在、良化法などない世の中ですが、 自分の目や耳で確認する権利ってどこまであるのかな? 特に政治や役所機関などでは、 自分たちに都合の悪いことは隠し通せるものなら隠してしまえ、 的なニュースが多くて 国民が自分で確認する権利がどこまであるのか? など思ってしまいました。 それぞれのカップルがハッピーエンドの終わり方の かなりベタ甘なお話ばかりですけど、読んでいて微笑ましい、 自然と気持ちが明るくなるような1冊でした。 レインツリーの国 [ 有川浩 ]楽天ブックス 新潮文庫 有川浩 新潮社 <table border="0" width=&qu 楽天市場 by …

続きを読む

別冊図書館戦争Ⅰ~図書館戦争シリーズ5~

今月は、読書月間?になっています。 すっかりはまり込んだ、有川浩さんの図書館戦争シリーズ。 別冊図書館戦争(1) [ 有川浩 ]価格:660円(2013/6/26 12:32時点)感想(84件) 別冊図書館戦争Ⅰ~図書館戦争シリーズ5~は、 作者もあとがきで、ベタ甘仕様と言っているので、 もうラブコメディー感覚の短編集です。 話は、図書館革命後、郁と堂上が付き合いだすところから始まります。 本ストーリでは、曖昧?に書かれていた部分が、 別冊を読んでいくと、ああ、あの場面は本当はこうだったんだ。 なんて謎解きの解説書みたいに思える場面もあり、 別冊を読み終えた時には、もう一度図書館戦争~図書館革命まで 読み返してみたい気分になりました。 別冊図書館戦争(2) [ 有川浩 ]楽天ブックス 角川文庫 有川浩 角川書店 角川グループパブリッ <table border="0&quo 楽天市場 by 映画 図書館戦争 オリジナル・サウンドトラックAnchor Records 2013-04-24 サントラ Amazonアソシエイト by

続きを読む

図書館革命~図書戦争シリーズ4~

なんか今月は、読書三昧。 作りたいものはいろいろとあるのに、 なんか熱が入らず…。 作りかけでほったらかしの物が溜まりつつあります。 そんな状態なので、更新の方もまたまた読書記録。 すっかり嵌った有川浩さんの図書館戦争シリーズの第4弾 図書館革命 [ 有川浩 ]価格:700円(2013/6/21 19:10時点)感想(88件) 図書館革命。 いきなり?原発テロから、お話は始まります。 テロのお手本になったのではないかということで、 『原発危機』という本を書いた作者が、 作家活動の危機に追い込まれる立場に。 その作者が、駆け込んだ先が図書特殊部隊が所属する、 関東図書基地。 作家の表現の自由を奪うため、拉致しようとする良化特務機関から、 守るための護衛をする図書特殊部隊。 逃走?劇は結構スリル満点。 後半では、郁と堂上の恋の行方も明らかに。 ワクワク・ドキドキ楽しめた1冊でした。 最後にこの本を読んで、印象に残ったセリフを。 「場合によっては悪意よりも善意の方が恐ろしいことがあります。 悪意を持っている人は何かを損なう意思を明確にしている。 しかし一部の『善意の人々』は自分が何を損なう可能性を自覚していない」 作品の中に出てくる原発テロが、福島の原発事故を思い起こさせ、 さらには、その事故で大きく広がった風評被害まで一緒に思い出しました。 風評被害も元を正せば、単なる…

続きを読む

図書館危機~図書館戦争シリーズ3~

ここ数日は、読書に没頭。 すっかり図書館戦争シリーズにはまり込み、 有川浩さんの 図書館危機~図書館戦争シリーズ3~ 図書館危機 [ 有川浩 ]価格:700円(2013/6/12 20:38時点)感想(99件) ・・・も、一気に読み終わりました。 1.王子様、卒業 2.昇任試験、来たる 3.ねじれたコトバ 4.里帰り、勃発―茨城県展警備― 5.図書館は誰がために―稲峰、勇退― の各章が納められていますが、 図書館危機のメインは、 やっぱり茨城県展警備かな? 映画の続編の話もあるようなので、 次作はこの話あたりがメインになるのかな~ なんて思いながら読みました。 今回はちょっと印象に残った場面を書きだしておきます。 「ねじれたコトバ」の中で、 郁と堂上の会話。 「メディア良化法が何で通過したかは分かるか?」 「えーと……」 「興味を持つ人が少なかったから?」 「・・・・・・まぁそうだ。メディアが規制される結果に 興味を持たない人間が多かった。 現状良化法が撤廃されてないこともそうだ。 言葉が規制されるということに問題意識を持つ国民が少ないから 良化法が成立したままでいられるんだ。」 メディア良化法というのは、お話の中の架空な法だけど、 今の日本も同じような理由で、通ってきた法が沢山ある様な気がする。 また、法以外でも原発問題なんかも、 関心が少なかったからこそ、安全だなんて信じていた人が、 …

続きを読む

図書館内乱~図書館戦争シリーズ2~

有川浩さんの図書館内乱 図書館内乱 [ 有川浩 ]価格:700円(2013/6/7 18:05時点)感想(95件) 多少は、前後のつながりがある感じで、 1.両親攪乱作戦 2.恋の障害 3.美女の微笑み 4.兄と弟 5.図書館の明日はどっちだ の5話が納められています。 今回は、前作のように、良化特務機関と 戦闘になる様なシーンは1回も出てこないのですが、 内乱の最初のお話は、 戦闘職種を両親に隠していた郁。 親戚の法事のついでに上京する両親が、 図書館を見学に来るところから始まり、 小牧がメディア良化委員会から査問を受けたり、 郁が内部査問を受けることになったりと、 『内乱』という言葉がぴったり?の話が納まっています。 最後は郁が「王子様」が誰かを知るところで、 話が終っています。 続きを読むのが楽しみな終わり方で、まだ暫くは 図書館戦争シリーズにのめり込んでしまいそうです。 図書館危機 [ 有川浩 ]楽天ブックス 角川文庫 有川浩 角川書店 角川グループパブリッシング図書館戦争 発行年月:2011年05月 ページ 楽天市場 by 図書館革命 図書館戦争シリーズ4 (角川文庫)角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-06-23 有川 浩 Amazonアソシエイト by

続きを読む

図書館戦争~図書館戦争シリーズ1~

私の好きな作家のひとりの有川浩さん。 初期の頃の作品を読んだことなく、 いつかは読みたいなと思っていた本。 映画化されて話題にもなっているので、 ようやく手にしたのが、 「図書館戦争」 図書館戦争 [ 有川浩 ]価格:700円(2013/6/5 21:01時点)感想(128件) お話の内容は、私が説明するよりも 映画のHPを見た方が、判りやすいと思うので省きます。 図書館法や軍事?などの、専門用語が出てくるので、 読むペースが若干落ちてしまうところもありますが、 その他は、ラブコメディ?と思ってしまうほど。 突然笑い出したくなる所がいくつかあり、 読んでいて楽しくて、一気に読める本でした。 登場人物のイメージも映画の配役とほぼ一致。 思わず映画も見に行きたくなりましたが、 子供の頃のトラウマで、爆発音や破裂音が大の苦手。 以前、そんなシーンが出てくるとは思わず見た映画で、 車の爆発炎上シーンの爆音に驚き、 椅子から飛び上がってしまって以来、 映画館が苦手になりました。 話がそれましたが…。 本の内容からは、銃撃戦が主で、 大きな爆破などはなさそうですが、 気にしながら見るよりも、テレビ放送になるまで、 気長に待つ方が無難かな?と未だに迷っています。 (時期に上映期間が終わってしまいそう(@_@;)) とりあえず、図書館戦争シリーズは6まであるし、 堂上と郁の恋の行方も大いに気になりますので、 続編を読む方を優…

続きを読む

旅猫リポート

有川浩さんの 「旅猫リポート」 旅猫リポート [ 有川浩 ]価格:1,470円(2013/2/9 22:14時点)感想(23件) 読み終わりました。 野良猫と、宮脇悟という男性との出会いから始まり、 悟の飼い猫となったナナと出会ってから5年。 ある事情から、ナナを飼えなくなった悟は、 ナナと銀色のワゴンで幼馴染みのところへ旅するお話。 お話は、 pre-Report 僕たちが旅に出る前のこと Report-1  コースケ Report-2  ヨシミネ Report-3  スギとチカコ Report-3.5 最後の旅 Report-4  ノリコ Last-Report の各章に分かれていています。 ちなみに。 コースケが小学校時代 ヨシミネが中学時代 スギとチカコが高校&大学時代の幼馴染み ノリコは悟の叔母さんです。 読み始めは、思わず「うふふ」と笑ってしまうところもありますが、 話がだんだん終わりに近づくころは、思わず涙が…。 久しぶりに本を読んで泣いてしまった1冊でした。 ハマナカ 羊毛フェルト くったりまんまる猫けいとのコーダ 商品特徴キット内容フェルト羊毛・テディベア用ペレット・フェルトロープ・その他付属品・テキスト使用用具 楽天市場 by 羊毛フェルトで作る リアル猫人形 (TWJ books)トランスワールドジャパン 佐藤法雪 Amazonアソシエイト by …

続きを読む

空飛ぶ広報室

有川浩さんの 「空飛ぶ広報室」 読み終わりました。 空飛ぶ広報室 [ 有川浩 ]価格:1,680円(2012/10/29 17:27時点)感想(28件) 航空自衛隊の広報室が舞台のお話。 主人公 空井大祐(そらいだいすけ)は、不慮の事故で 子供の頃からの夢だった、ブルーインパレスのパイロットの夢が 目前で奪い取られる。 一方、ヒロイン?帝都テレビの稲葉リカもジャーナリストになるのが夢で、 入社後も希望通り報道部の記者に配属。 しかし、入社3年目頃から強引な取材でトラブルにもつれ込むようになることが多くなり、 5年目に配置換えされ肩書がディレクターに変わる。 今までと全く違う環境で、自分の目標を探しながら、 この二人の成長・変化が本を読み進める上での楽しみの1つです。 空井を見守る、職場の人間たちも、個性豊かで、 ミーハーな室長鷺坂や、 俺様の片山。 残念な美人柚木など…。 毎度のことながら、この話がドラマ化されたら、 誰が適役なのか?なんて考えながら楽しく読み進めました。 話は専門用語などもあり、自衛隊のことをよく知らない私にとっては、 意味が分からないこともあります。でも、ちょっと親しみすら湧いてくる 箇所もいくつかありました。 そんな箇所をいくつか紹介します。 文中に陸・海・空の各自衛隊を四字熟語で表す箇所があります。 あまりにも自虐的な表現なので、物語の中だけなのかと思いましたが、 ネットで調べてみたと…

続きを読む

三匹のおっさん ふたたび

有川 浩さんの 三匹のおっさん ふたたび 三匹のおっさんふたたび価格:1,680円(2012/5/23 19:18時点)感想(17件) 読み終わりました。 タイトルに「ふたたび」とあるように、 「三匹のおっさん」の続編。 三匹のおっさん 文春文庫 / 有川浩 アリカワヒロ 【文庫】価格:730円(2012/5/23 19:23時点)感想(1件) 全六話の短編が納められていますが、 今回も、キヨさん、ノリさん、シゲさんの 「三匹のおっさん」は健在。 偽三匹のおっさんが出てきたりと、 ストーリー的にも面白い。 キヨさんの孫の祐希くんとノリさんの娘の早苗ちゃんも 高校三年生になり、成長しています。 今回のお話では、二人が同じ大学に無事合格。 大学生になった二人の話も読んでみたいので、 さらなる続編を期待したい1冊です。 シアター!(2)楽天ブックス メディアワークス文庫 有川浩 角川書店 角川グループパブリッ発行年月:2011年01月25日 予約締 楽天市場 by シアター! (メディアワークス文庫)アスキー・メディアワークス 有川 浩 Amazonアソシエイト by

続きを読む

ヒア・カムズ・ザ・サン

有川浩さんの ヒア・カムズ・ザ・サン ~Here Comes the Sun!~ 読み終わりました。・・・と言っても この本は先日記録に残した「もしドラ」より前に読み終わっていた本です。 この本には、 ヒア・カムズ・ザ・サン と ヒア・カムズ・ザ・サンParallel の 2編が納められています。 この本のまえがき?に  真也は30歳。出版社で編集の仕事をしている。 彼は幼い頃から、品物や場所に残された、人の記憶が見えた。  強い記憶は鮮やかに。何年経っても、鮮やかに。 ある日、真也は会社の同僚のカオルとともに成田空港へ行く。  カオルの父が、アメリカから20年ぶりに帰国したのだ。  父は、ハリウッドで映画の仕事をしていると言う。 しかし、真也の眼には、全く違う景色が見えた・・・・・・。 という、この本のあらすじが書かれています。 このあらすじは、2編に共通したものですが、 でも全く違う物語になっています。 あらすじには細かいことが書かれていないカオルの父は、 どちらの話でも父親失格の男なんですが、 仕事が出来るダメ親父と 仕事が出来ないダメ親父と、これまた極端な点が印象に残りました。 太字部分は本文よりの引用 三匹のおっさん楽天ブックス 文春文庫 有川浩 文藝春秋発行年月:2012年03月 予約締切日:2012年03月06日 ページ数: 楽天市場 b…

続きを読む

効率良いのは・・・。

晴耕雨読ではありませんけど、 梅雨入りしてから読書が一番効率?いい趣味になっています。 ただ読み終えた記録を残すペースが追いついていませんが…。 そこで、今まで読み終えて記録を残していない本を一気に紹介しちゃいます。 まず、1冊目。 東野圭吾さんの 「私が彼を殺した」 こちらは、加賀恭一郎シリーズ 5作目です。 この5作目の「私が…」は3作目の「どちらかが・・・」 と同じで最後まで犯人が判らないというか、 誰が犯人かを明確に書いていない作品で きちんと読めば、誰が犯人か判るはず・・・なんだけど、 誰が犯人か未だに良く判らない…。 2冊目は、 東川篤哉さんの 「放課後はミステリーとともに」 東川さんの本は、初挑戦でしたが、 まあ、そこそこに楽しめた本でした。 「霧ヶ峰涼」といかにもエアコンをイメージしたくなるような、 名前の高校2年が主人公。 自分のことを「僕」というので、名前の「涼」から 男の子をイメージしてしまいがちですけど、 実は女の子。 先入観というか固定観念に囚われてはいけないな…。 と思わせられた1冊でした。 東川さんの本は、機会があったらまた読んでみたいと思います。 そして3冊目は 有川浩さんの 「県庁おもてなし課」 掛水史貴 入所3年目の25歳が提案した観光特使を 作家の吉門喬介にお願いする。 吉門からあれこれとダメだし…

続きを読む

本から学ぶこと

最近、特に東日本大震災後は本から学ぶことが多くなったように思っています。 今回読み終えた本も、とても学ぶことが多かったと思っています。 その本は 有川浩さんの シアター!と シアター!2 子供の頃いじめられっ子だった、春川巧は演劇と出会うことで、 いじめられっ子から抜け出し、 自分の劇団「シアターフラッグ」を持つほどのめり込む。 しかし、演劇の好きな仲間と楽しくできればいいと、 杜撰な運営をしていたため、300万という借金を負う羽目になり、 兄、春川司に借り入れを申し出た。 司は貸す条件として、 無利子で貸すが、返済期限は借り入れより2年間。 返済の金は、公演の売上金であること、 それが出来ない場合は、2年後には劇団を綺麗に畳めという条件のもと、 劇団が存続に向けて、団員たちが変わり出す。 といったお話です。 ちなみに、このお話はまだ完結していないので、 シアター!3が出るのがちょっと待ち遠しい作品です。 本の中では、司が弟や劇団員たちに、金の使い方を諭しています。 「よく覚えておけ。金と時間は反比例の関係にある。 時間をかけたら金が節約できる。 金をかければ時間が節約できる。 なんで、特急が在来線より高いと思う、 時間を買う金が上乗せされているからだろが」  (シアター!より 巧対しての言葉) 「お前らは芝居とかクリエイティブなことしか興味がないから 分からないだろうけど、…

続きを読む

フリーター、家を買う。

ブログを参考にして、過去に読んだ本をぼちぼちと追加し始めたので、 冊数も、ページ数もだいぶ増えました。 でも、今までに読んだ本全て登録するには、もう少し時間がかかりそうです。 編み物の方は、あと少しというところで、編み間違いに気づき編み直しをしてますので、 紹介できるのは来週始めかな? そこで、今回も読書記録のご紹介。 有川浩さんの フリーター、家を買う。 フリーター、家を買う。 [ 有川浩 ]価格:1,512円(2015/6/30 21:30時点)感想(73件) 昨年、嵐 (ジャニーズ) の二宮和也くん主演でドラマ化されているので、 ご存知の方も多いかと。 最初に就職した職場を3か月で辞めてしまい、 その後フリーター生活をしていた誠治。 母親の病気の原因を知って、家を買うことを目標に、 頑張る過程がお話になっています。 ドラマとは少しお話が違うところもあり、 私としては、こちらの小説の方が面白いと思いました。 最後に、読書メーターの面白い?便利な??機能をご紹介。 本を登録するには、本の名前や作者を入力すると 登録したい本や作者の一覧が現れます。 該当する本をクリックすると、登録画面に切り替わり、 読んだ日付や、コメント、カテゴリなどの登録ができます。 そして、カテゴリで登録された内容で、 分類されマイ本棚が作られます。 マイ本棚のブログパーツはないのですけど、 例えば、「有川浩 現代小説 ドラ…

続きを読む

たねあかし

先日紹介したビーズとレース糸で作るチューブクロッシェ。 何になったか、種明かしをしたいと思います。 ちなみに編みあがったチューブクロッシェは、7㎝程度。 編み上げたチューブの中に、ちょっと太めのワイヤーを通し、両端に金座と言われる金具をつけて、完成したのがこちらです。 これだけ判るかな? 持ち手と言うのか取っ手と言うのか呼び方に迷いますが、カルトナージュで作った四角い箱に取り付けて箱を取り出しやすくしたものです。 大きさは、A4サイズよりちょっと大きめ。 今回は母にサイドボードの中の整理箱が欲しい。と頼まれ作ったものです。 表に使用した布は、カーテン地のはぎれ。 ちょっと厚手なので、台紙に貼り付けるのも大変でしたが、なんとか完成。 母にも気にってもらい、早速、洋裁の小物や布などが納まりました。 読書の方の寄り道もついでにご紹介。 今回読み終えた作品は、 有川 浩さんの 「三匹のおっさん」 こちらの本は、私があらすじを紹介するよりも、特設サイトを見ていただいた方が、どんな本か分かりやすいかも知れませんが、面倒だという方のために、簡単にご紹介。 幼なじみの清田清一(キヨ)、立花重雄(シゲ)、有村則夫(ノリ)(カッコ内はお互いの呼び名)の三匹が、ゼネコンに勤めていたキヨさんが定年退職をきっかけに、「私設自警団」を結成し、ご近所で発生する犯罪に立ち向かう短編集。 事件解決には、キヨさん…

続きを読む

ご報告~!!

いきなり私信で失礼します。 みーこ助役・・・。養子縁組して静岡に来たヤーコンも、無事スクスク育っております。 まだ森には程遠いけど、でも大きいもので、背丈40センチ程度まで来ています。 この他手前にも、まだ数株植えてありますが、一番育ちのいいところだけをご紹介。 葉っぱも、大きいものは既に30センチ以上はありそうです。 こちらもついでに、ご報告。 読み終えたのは、G.W.でしたが、どう紹介すればいいかな? ・・・と悩んでいるうちに、すっかり紹介するのを忘れていました。 本自体は難しい本ではありません。 どちらかと言うと、面白いというか、読んでいて楽しい本です。 有川浩(ありかわ ひろ)さんの 阪急電車  こちらは長編でなく、短編作品です。 その短編のタイトルが阪急電車の駅名になって、電車の中でありそうなお話が綴られています。 宝塚駅-宝塚南口駅-逆瀬川駅-逆瀬川駅-小林駅-仁川駅-逆瀬川駅-甲東園駅-門戸厄神駅ー西宮北口駅 そして折り返して宝塚駅に戻るので、全部で20編収められています。 話は1つ1つ別な話になっているものでも、微妙に前や後ろの話と繋がっていて、登場人物の表現の仕方が、各編で微妙に違う。 例えばこんな風に。 一番最初の宝塚駅では、「国際的ネズミのキャンパス地のバッグを持…

続きを読む