2016年9月に読んだ本のまとめ

10月も残り少なくなりました。 ようやく9月に読んだ本全てのUPが済んだので、 まとめに入りたいと思います。 9月1冊目は 佐藤さとるさんの 「だれも知らない小さな国」 256ページ 新イラスト版 コロボックル物語1 だれも知らない小さな国 (児童文学創作シリーズ)新品価格¥1,512から(2016/10/22 15:54時点) 2冊目は 誉田哲也さんの 「ハング」 349ページ ハング (中公文庫)新品価格¥741から(2016/10/22 15:55時点) 3冊目は 誉田哲也さんの 「硝子の太陽 Noir」 382ページ 硝子の太陽N - ノワール新品価格¥1,620から(2016/10/22 15:55時点) 4冊目は 有川浩さんの 「アンマーとぼくら」 306ページ アンマーとぼくら新品価格¥1,620から(2016/10/22 15:56時点) 5冊目は 吉田紀子・吉田雄生さんの 「涙そうそう」 217ページ 涙そうそう (幻冬舎文庫)新品価格¥535から(2016/10/22 15:57時点) 6冊目は 佐藤さとるさんの 「豆つぶほどの小さないぬ 」 280ページ 新イラスト版 コロボックル物語2 豆つぶほどの小さないぬ (児童文学創作シリーズ)新品価格¥1,512から(2016/10/22 15:57時点) 7冊目は 吉川英梨さんの 「 5グラ…

続きを読む

波紋-警視庁失踪課・高城賢吾

10月も本日を含め10日。 9月分の読書記録がようやく終わります。 8冊目 堂場俊一さんの 波紋-警視庁失踪課・高城賢吾 送料無料/波紋/堂場瞬一価格:925円(2016/10/21 16:30時点)感想(0件) 失踪課高城賢吾シリーズは全10冊。 波紋は6作目。 今年の読書目標の1つ、失踪課高城賢吾シリーズを読み終えること。 誉田哲也さんのジウ~歌舞伎町シリーズに途中はまったことで、 2か月ちょっとで、あと4冊を読まなくてはならなくなりましたが、 まあ、このシリーズは、読み始めれば、すらすらと進む作品なので、 問題なく、目標はクリアできそうです。 さて、お話は、 室長の阿比留は、自らが関わった事件後、昇進の道を絶たれ、 以前のような意欲がなく、法月の異動も阻止することなく素直に認める。 その法月が高城に置き土産として、 五年前に交通事故現場から消えた男に関する事件の解決を託す。 高城が調査を開始した途端、失踪した男が勤めていた会社に爆破予告。 男の失踪と、会社の爆破予告の裏には、隠蔽工作が深く関わり、 調査は失踪課だけのものではなくなってくる。 ページ数はかなりありましたが、 今回の作品も読みだしたら、数日で読了。 法月の代わりに異動してきた田口は、今後戦力になるのか? もしかしたら、失踪課存続のカギになる人物?? など、気になる点も次作への興味をそそるものでした。 遮断 警視…

続きを読む

5グラムの殺意 警視庁「女性犯罪」捜査班 警部補・原麻希

10月も月中ばというのに、 まだ、9月分の読書記録が終わりません。 あともう少しなんですけどね。 9月の読書7冊目は 吉川英梨さんの   5グラムの殺意 警視庁「女性犯罪」捜査班 警部補・原麻希  5グラムの殺意 [ 吉川英梨 ]価格:637円(2016/10/14 14:52時点)感想(0件) 吉川英梨さんの本は、この作品で7冊目。 でもまだ、「原麻希」シリーズしか読んでいませんが…。 六本木の違法クラブで女子中学生が惨殺される事件。 被害者が女性ということで、女性が絡む事件を 優先的に捜査する「女性犯罪捜査班」が、 現場に向かうことになるが、肝心の原麻希は休暇中で連絡がつかず。 麻希の娘の菜月が連続事件と推理したり、 公安刑事になった麻希の元恋人の広田を無理やり?登場させるために、 麻希が職場や家族にも旅行先を告げずに連絡が取れないことなど、 必要なのか?と感じる点が幾つかありましたが、まあ、読み終えてみると、 相変わらず、自由気ままな原麻希健在でまとまった作品に思えてきました。 最後に明かされた、ストーリーとは殆ど関係ないように思える、 女性班の星野夢美と捜査一課の新人鍋島との過去。 鍋島はすっかり忘れているようですが、 いつ思い出すのか?思い出すきっかけなんかあるのか? ちょっと興味を持ち、次作の「通報者」を読む楽しみにもなりそうです。 通報者 …

続きを読む

豆つぶほどの小さないぬ

前回更新から、日が経ってしまいました。 9月に読んだ本の読書記録もあと少しとなって、 安心したのが、いつものペースに戻る最大の要因です。 9月の読書6冊目は、 佐藤さとるさんの 「豆つぶほどの小さないぬ」 新イラスト版 コロボックル物語2 豆つぶほどの小さないぬ [ 佐藤さとる ]価格:1,512円(2016/10/9 15:00時点)感想(0件) 今回も新イラスト版で読んでみました。 「だれも知らない小さな国」の続編で、 せいたかさんとおちび先生は、結婚して子供(女の子・オチャメさん)までいるので、 前作から、数年以上経ったことに。 前作は、人間(せいたかさん)目線のお話でしたが、 今回は、コロボックル目線でのお話。 コロボックルたちが力を合わせ、 絶滅していると言われていたマメイヌを探し、確保するお話です。 マメイヌ探しのお話と並行して、通信社の開設も。 通信社発行の新聞は、切手ほどの大きさ。 最初の記事は、マメイヌの記事。 今回も最後まで楽しめた1冊でした。 新イラスト版 コロボックル物語3 星からおちた小さな人 [ 佐藤さとる ]楽天ブックス 新イラスト版コロボックル物語 佐藤さとる 村上勉 講談社発行年月:2015年11月19日 ページ数: 楽天市場 by コロボックル物語4 ふしぎな目をした男の子 (講談社文庫)講談社 2011-08-12 佐藤 さとる Amazon…

続きを読む

涙そうそう

9月分の読書記録が追いつくまで、 毎日更新の目標も まあ、日曜日くらいはお休みしてもいいかなど、 自分に都合よく臨機応変に目標をのらりくらりと変更。 気合を入れなおして、 9月に読んだ本の5冊目 吉田紀子・吉田雄生さんの 「涙そうそう」 涙そうそう [ 吉田紀子(脚本家) ]価格:534円(2016/10/3 21:56時点)感想(35件) こちらの本を読むきっかけは、 アンマーとぼくらを読み終えた直後に 図書館で、新規開拓の作家さんの1冊を探していたところ、 同じ沖縄が舞台のお話だったので目に留まり 読んでみようかと思った次第。 この本は、映画「涙そうそう」の脚本を元に文庫化されたもの。 そして映画は、 歌謡曲「涙そうそう」(作詞:森山良子・作曲:BEGIN)の歌詞を モチーフに映画化された作品。 ですから私は、「涙そうそう」というと、まず歌の方を思い出してしまいます。 映画はテレビで放送されたものを、一度見たような記憶がありますが、 裏覚えだったので、改めて本で読んでみて、 もう一度映画を見たくなってしまいました。 甘く切ない恋のお話。 最後は、思わず涙ぐんでしまう結末でしたが、 読みやすい作品でした。 涙そうそう [ 夏川りみ ]楽天ブックス 夏川りみ発売日:2001年03月23日 JAN:4988002413805 VICLー35238 ビ 楽天市場 by …

続きを読む

アンマーとぼくら

10月に入ってしまいましたが、読書記録は9月分です。 今日の更新分は、 有川 浩さんの最新作 「アンマーとぼくら」 アンマーとぼくら [ 有川浩 ]価格:1,620円(2016/10/1 23:12時点)感想(5件) 沖縄の豊かな自然が浮かんでくる作品です。 主人公のリョウが義理の母と第二の故郷、沖縄を3日間旅するお話。 幼いころの懐かしい記憶と、「おかあさん」との観光場所が重なる普通の物語と 思って最初は読んでいましたが、2日目、3日目になると、 リョウの記憶の中で旅しているだけなのか、それとも本当に旅したのか? 何かがおかしいような気がしてきます。 読んでいて、不思議な世界に迷い込んだような気持になりながらも、 心温まるものがこみ上げてくるそんな作品でした。 こちらの作品は、 かりゆし58の名曲「アンマー」に着想を得た作品とのことで、 本を読む前に、一度だけですが、「アンマー」も聞いてみましたが、 曲の雰囲気と本の内容とは、ちょっと違うような気もしました…。 どちらかというと、曲の雰囲気からは、 桐谷健太さんの「海の声」を聴きながら読みたくなるような 作品でした。 旅猫リポート [ 有川浩 ]楽天ブックス 講談社青い鳥文庫 有川浩 村上勉 講談社BKSCPN_【有川浩作品】BKSCPN_【2,000以下3 楽天市場 by 海の声Universal Music Internat…

続きを読む

硝子の太陽 Noir

読書記録が追いつくまで、 毎日更新が、身近な目標! 本日分は、 誉田哲也さんの 「ガラスの太陽 Noir」 硝子の太陽Nノワール [ 誉田哲也 ]価格:1,620円(2016/9/30 12:06時点)感想(0件) 「硝子の太陽 Rouge」とのコラボ作品で、 こちらは、ジウ~歌舞伎町の最新版。 コラボと言っても、姫川の登場は、ごく僅か。 むしろ、東とガンテツの因縁話の方が印象に残り、 スピンオフ作品が期待できそうな気がしました。 作品としては、歌舞伎町シリーズの最新作になるような気がします。 Rougeではわき役的な事件?で登場した、 フリーライター上岡殺害事件の話が主になったお話。 大雑把に本の内容を紹介すると、 残りの歌舞伎町セブンのメンバーによる、 上岡殺しの復讐?というもの。 沖縄の基地問題、議員の娘の誘拐。 上岡殺しには関係なさそうな話が、 1本の線に繋がるあたりは、読んでいて面白かったです。 7人から6人に減ってしまった「歌舞伎町セブン」 新メンバーが加入するのか? 新世界秩序と歌舞伎町セブンの展開はどうなっていくのか、 こちらも、「硝子の太陽Rouge」同様、続編が楽しみになる終わり方でした。 私の場合、ジウ三部作国境事変歌舞伎町セブン 歌舞伎町ダムドハング{%右…

続きを読む

ハング

ようやくブログを再開することができます。 9月初旬にパソコンの調子が突然悪くなり、 数日後に起動しなくなりました。 その後サービスセンターと連絡し、あれこれと試してみたけど、 復活できず。 修理見積もり修理断念。 新規購入機種選びを経て、約3週間ぶりに My PC確保となりました。 今回のパソコンは3代目。 まだ、Windows10の機能を使いこなせず、 画像処理など、不安が残ることもありますが、 パソコンを使えなかった間、読書もはかどったので、 読書記録をしばらくは、毎日UPしていきたいと思っています。 前置きが大分長くなりましたが、 本田哲也さんの 「ハング」 ハング [ 誉田哲也 ]価格:740円(2016/9/29 23:34時点)感想(45件) こちらは、単独の作品に思っていたので、 読まずにいましたが、 歌舞伎町セブンを読んで、 ジロウの刑事時代の話と分かり、読んでみることに。 ジロウこと、津原英太は捜査一課の刑事。 迷宮入りした宝飾店オーナー殺人事件の再捜査が、 英太の人生?を狂わせることに。 英太の所属していた、班のメンバーは 解散?散り散りなった後、宝石店オーナー殺人事件の公判が始まる。 裁判では犯人が、英太が尊敬していた先輩刑事に脅されて、 自白したといきなり否認。 そして、その先輩刑事の首つり自殺がきっかけのように、 英太の周りにいた人たちが、次々…

続きを読む

2016年8月に読んだ本のまとめ

MyPCが故障のため、間借り状態。 ブログのほうものんびり更新。 画像の加工ができないので、手作り作品のほうは、 PCが復活したら紹介したいと思います。 とりあえず、読書記録は、 間借り状態でもできそうなので、 遅くなりましたが、8月の本のまとめを…。 1冊目 誉田哲也さんの 「国境事変」 367ページ 国境事変 (中公文庫)新品価格¥741から(2016/9/18 14:16時点) 2冊目 誉田哲也さんの 「硝子の太陽Rouge」 380ページ 硝子の太陽R-ルージュ新品価格¥1,620から(2016/9/18 14:11時点) 3冊目 山口孝三郎さんの 「探偵★日暮旅人の宝物」 301ページ 探偵・日暮旅人の宝物 (メディアワークス文庫)新品価格¥616から(2016/9/18 14:12時点) 4冊目 有川浩さんの 「コロボックル絵物語」 84ページ コロボックル絵物語 (Colobockle Picture Book)新品価格¥1,296から(2016/9/18 14:13時点) 5冊目 似鳥航一さんの 「お待ちしてます 下町和菓子 栗丸堂 (5) 」 290ページ お待ちしてます 下町和菓子 栗丸堂 (5) (メディアワークス文庫)新品価格¥594から(2016/9/18 14:14時点) 6冊目 誉田哲也さんの 「歌舞伎町セブン」 340ページ 歌舞伎町セ…

続きを読む

だれも知らない小さな国

有川浩さんの 「だれもが知ってる小さな国」を読んで、 読んでみたくなった 佐藤さとるさんの 「だれも知らない小さな国」 新イラスト版 コロボックル物語1 だれも知らない小さな国 [ 佐藤さとる ]価格:1,512円(2016/9/11 00:36時点)感想(0件) 1959年に私家版として刊行されて、 単行本・新書版・文庫本と色々な型で、 出版されていますが、 私が読んでみたのは、 2015年10月に発売された新イラスト版の 「だれも知らない小さな国」です。 小学生高学年向けの作品なので、 読み始めは、ひらがなが多くちょっと読みづらく感じましたが、 話の内容の方が面白く、読み進めていくうちに、 ひらがなの多さも気にならなくなりました。 子供のころは、今ほど本好きではなかったので、 コロボックル物語の本は、図書館で手にしたことはあったかも知れませんが、 記憶に残っているようなことはなく、純粋に初めて手に取る本として、 楽しめました。 お話も作品が出て50年も経っているとは、思えない内容で、 いろいろな形で、出版されている理由のひとつであり、 誰がいつ読んでも楽しめるそんな作品のように思えます。 新イラスト版 コロボックル物語2 豆つぶほどの小さないぬ [ 佐藤さとる ]楽天ブックス 新イラスト版コロボックル物語 佐藤さとる 村上勉 講談社発行年月:2015年10月28日 予約締切日 …

続きを読む

歌舞伎町ダムド

図書館で予約した「硝子の太陽Noir」が手元に届く前に、 読み終わりたいと思っていた作品。 誉田哲也さんの 「歌舞伎町ダムド」 歌舞伎町ダムド [ 誉田哲也 ]価格:1,728円(2016/8/30 12:44時点)感想(2件) セブンの時は、ジウとの関連性はあまり感じず、 共通するのは、歌舞伎町と東警部補だけだと思っていましたが、 ダムドでは、「新世界秩序」のキーワードが再び登場。 そしてミサキとジロウの正体も明らかになり、 ジウとの関連性がより深まってきた作品です。 今回のお話は、ジウの後継者と自負するダムドが 東警部補の命を狙う。 ダムドだけでなく、複数が東を狙っているが、 ミサキにも「新世界秩序」のミヤジから、東抹殺の命が出るが…。 歌舞伎町セブンと東警部補の微妙な関係は、 今後どのように展開していくのかとっても気になります。 これで、心置きなく「ガラスの太陽N」行けると思いましたが、 ジロウの正体が明らかになって、 「ハング」も読んだ方がよさそうなことが判明。 最後にダムドとは、どういう意味だろうと調べてみたら、 英単語「damned」  地獄に落ちるべき、非難に値する、のろわしい、  忌まわしい、ふらちな、の意味。 とのことでした。 ハング [ 誉田哲也 ]楽天ブックス 中公文庫 誉田哲也 中央公論新社発行年月:2012年09月 予約締切日:2012年09月18…

続きを読む

歌舞伎町セブン

誉田哲也さんの 「歌舞伎町セブン」 歌舞伎町セブン [ 誉田哲也 ]価格:740円(2016/8/28 17:21時点)感想(13件) 本の紹介をしているサイトで、 歌舞伎町限定?の「現代版必殺仕事人」と書かれていましたが、 思わず納得してしまう内容でした。 この作品を読む前に、ガラスの太陽Rを読んでいたので、 「歌舞伎町セブン」 「欠伸のリュウ」というキーワードは、 なんとなく知っていましたが、ガラスの太陽でR殺害された フリーライター上岡が新歌舞伎町セブンのメンバーだったのは、 少し驚きでした。 歌舞伎町の町会長の死がきっかで浮かび上がってくる、 歌舞伎町セブンの伝説。 商店会長の斎藤は元歌舞伎町セブンの元締め。 関根組の組長市村とエポという飲み屋の雇われマスターの陣内の三人は、 歌舞伎町セブンの生き残り。 他のメンバーは数年前に起きたビル火災で死亡したものと思われていたが…。 町会長の死、商店会長の失踪に関わっていたのは、 死亡したと思われていたメンバーのキョウとマサ。 キョウとマサに立ち向かうため、市村と陣内、ジロウとミサキ そして杏奈と小川・上岡を巻き込み、 新たなる歌舞伎町セブンを結成。 新?歌舞伎町セブン誕生のお話でもありました。 歌舞伎町ダムド [ 誉田哲也 ]楽天ブックス 誉田哲也 中央公論新社BKSCPN_【2,000以下3倍】 発行年月:2014年09月 予約締切日: 楽…

続きを読む

お待ちしてます 下町和菓子栗丸堂5

最近は刑事・探偵ものが続いていましたので、 ここらでちょっと、ほっこり系の作品も…。 似鳥航一さんの 「お待ちしてます 下町和菓子栗丸堂5」 お待ちしてます下町和菓子栗丸堂(5) [ 似鳥航一 ]価格:594円(2016/8/27 15:03時点)感想(1件) 第5弾でシリーズ最終になります。 今回は、 若鮎 かき氷 大福 の3編が収められています。 若鮎では、前作でお近づきになった、 茶道の家元から早速茶会での菓子の依頼が来たりと 栗丸堂の売り上げも順調。 かき氷では、栗田は、幼馴染の由加から思いがけない告白をされ、 戸惑いながらも…。変わらぬ友情を確かめ合います。 そして、大福では、葵に付きまとう富樫の決着がつき、 葵と栗田もお互いの気持ちを確かめ合うことが出来、 ハッピーエンド。 あとがきで作者が、続編もありうる可能性を語っていました。 ですから、シリーズが終わってしまって淋しいという思いよりも、 続編では、栗田のライバルとして、富樫が登場したら面白いかも、 老舗和菓子屋の社長令嬢の葵と、下町の和菓子屋の職人栗田の 恋路に立ちはだかる壁なども、今後あるのかな?など…。 想像が膨らみ、今後続編での新たな展開が楽しみなる作品でした。 万国菓子舗お気に召すまま(お菓子、なんでも承ります。) [ 溝口智子 ]楽天ブックス マイナビ出版ファン文庫 溝口智子 マイナビ出版発行年月:2…

続きを読む

ハンパ材料でカルトナージュ その4 ~お道具スタンド~

久々にハンパ材料のカルトナージュの作品を紹介してみます。 今回は、大きさ、高さの違う小箱?を5つ作ってみました。 この5つの箱を1つにまとめるとこんな感じ。 ペンスタンドとしても使えますが、 私は、手作りの際に必要なお道具スタンドとして活用しています。 今回は厚紙だけではなく、シールシートもハンパ材料として作ったので、 すべてがハンパ材料でできています。 かわいいカルトナージュ [ 小林優 ]楽天ブックス 布で飾る小箱 レディブティックシリーズ 小林優 ブティック社BKSCPN_【本ポイントアップ祭り】 楽天市場 by 暮らしの中の布箱づくり―広岡ちはるのカルトナージュ文化出版局 広岡 ちはる Amazonアソシエイト by

続きを読む

コロボックル絵物語

だれもが知ってる小さな国を読み終えてから、 こちらのコロボックル絵物語のほうが、 先に出ていたことを知り読んでみました。 有川浩さんの コロボックル絵物語 コロボックル絵物語 [ 有川浩 ]価格:1,296円(2016/8/24 17:50時点)感想(7件) 北海道に住む少女ノリコがお母さんのお墓の近くで小さな生き物と出会います。 姉からコロボックル物語の本を借て読んだノリコは、セイタカさんのように、自分も コロボックルと友達になりたくて、コロボックルに毎日手紙を書き続けます。 読み終えてから、知りましたが、 少女ノリコは「旅猫リポート」に出てくるノリコおばさんで、 お話の後半、大人になったノリコとまだ小学生のサトルも 登場します。 絵物語と題名にもついているように、 お話は短めで、絵が多いので30分もあれば読めてしまう作品です。 新イラスト版 コロボックル物語1 だれも知らない小さな国 [ 佐藤さとる ]楽天ブックス 新イラスト版コロボックル物語 佐藤さとる 村上勉 講談社BKSCPN_【手塚作品】 発行年月:201 楽天市場 by 旅猫リポート (講談社青い鳥文庫)講談社 有川 浩 Amazonアソシエイト by

続きを読む

探偵★日暮旅人の宝物

読書記録を1つUPすると、1冊読み終わるので、 在庫がなかなか減りません。 8月もあと10日あまり…。 今月もまた、怒涛の月末更新にならないよう、 余裕のあるうちにお片づけをしていきたいと思います。 山口幸三郎さんの 「探偵★日暮旅人の宝物」 探偵・日暮旅人の宝物 [ 山口幸三郎 ]価格:615円(2016/8/21 18:07時点)感想(7件) シリーズ5作目 そしてセカンドステージ突入 表紙の絵も、ファーストシリーズと比べると、 色遣いが華やかになった気がします。 六月の花嫁 犬の散歩散歩道 愛しの麗羅 花の名前 夏の日 の5話が収められています。 1つ1つのお話は繋がりはありませんが、 ファーストステージのような刺々しい?お話はあまりなく、 読んでいて心温まる話が多かったような気がします。 前作で一区切りでどういう展開になるのか、 楽しみで読み始めましたが、夏の日では、 旅人と陽子の関係に今後進展が見られそうな予感も…。 旅人自身の復讐がファーストステージで終わり、 今後の興味は、旅人と陽子の距離がどのように変化していくのか…。 これが今後続編を読み一番の楽しみになりそうです。 探偵・日暮旅人の壊れ物 [ 山口幸三郎 ]楽天ブックス 第6弾 メディアワークス文庫 山口幸三郎 アスキー・メディアワークス KADOKAWA メディアワー 楽天市場 by …

続きを読む

硝子の太陽 Rouge

誉田哲也さんの本が続きます。 硝子の太陽Rouge 硝子の太陽Rルージュ [ 誉田哲也 ]価格:1,620円(2016/8/18 19:57時点)感想(2件) 姫川玲子シリーズの最新作で、 ジウシリーズとのコラボ作品。 ジウシリーズではありませんが、 歌舞伎町シリーズを読む前に、 予約した本が手元に届いてしまいました。 ブルマーダー最後で、捜査一課に復帰した姫川 以前の姫川班再結集とは、なっていませんが、 姫川が最も信頼を寄せている菊田は同じ班に呼ぶことが出来、 担当したのが、 「祖師谷一家強盗殺人事件特別捜査本部」 しかし、迷宮入りし始めたころ、 フリーライターの上岡慎介が、一家強盗殺害事件について 嗅ぎまわっていたことが判るが、 そのフリーライター上岡慎介が殺害される。 上岡の事件の捜査本部には、姫川の宿敵?ガンテツや かつての部下葉山則之こと「ノリ」が捜査に参加していた。 姫川と菊田が、上岡殺しの応援に参加することになり、 上岡の取材していた膨大な記事の中から、 28年前「昭島市一家強盗殺人事件」と祖師谷一家事件との類似について 知った姫川は、殺害された上岡と顔見知りだった新宿署の東を単独で訪ねる。 ちなみに新宿署の東は、ジウシリーズに登場した東弘樹。 東と別れた後、姫川は昭島一家事件の現場を訪ねてみようと、 担当した警察署に出向く。 既に、事項となっているので担当した所轄にも資料が残されていないものと …

続きを読む

国境事変

先月も月末に怒涛の読書記録更新となってしまったので、 今月こそは、月末にまとめて更新ということがないよう、 こつこつ更新していきたいと思います。 …といっても、既に読み終えた本が2冊。 これ以上たまる前にお掃除、お掃除…。 お掃除1冊目は、 誉田哲也さんの 「国境事変」 国境事変 [ 誉田哲也 ]価格:740円(2016/8/12 21:42時点)感想(27件) ジウで準主役的な存在だった、 東弘樹警部補が出てくるお話です。 今回は、ジウⅢの歌舞伎町封鎖事件」の二年後 東は47歳という設定。 第一章を読み始めた途端、 序章の対馬の話がどう繋がるのかが気になりました。 東が北新宿で起きた会社役員殺害・死体遺棄事件の 特別捜査本部に招集され、被害者は朝鮮籍の在日三世。 会社役員をしていた被害者の会社は公安の監視体制にあったりと、 公安の刑事も絡んで、事件は複雑。 最後までハラハラドキドキしながら、読むことが出来た一冊でした。 歌舞伎町セブン [ 誉田哲也 ]楽天ブックス 中公文庫 誉田哲也 中央公論新社発行年月:2013年09月 予約締切日:2013年09月18日 ペー 楽天市場 by 歌舞伎町ダムド中央公論新社 誉田 哲也 Amazonアソシエイト by

続きを読む

2016年7月に読んだ本のまとめ

最近月末に怒涛の読書記録の更新をする羽目に陥っています。 図書館で予約した本がまとまって手元に届いたりすると、 とにかく早く読まなきゃという気持ちが、 読書記録を後回しにしてしまう大きな要因…。と自己分析。 この分析が状況改善になるかどうかは、定かではありませんが、 8月は少しでも月末に集中することが無いよう、 何らかの対策を考えようと思います。 さて、前置きが長くなりましたが、 7月の読んだ本のまとめに入りたいと思います。 1冊目 山口幸三郎さんの 「探偵★日暮旅人の忘れ物」 287ページ 探偵・日暮旅人の忘れ物 (メディアワークス文庫)新品価格¥616から(2016/8/4 14:31時点) 2冊目 誉田哲也さんの 「 ジウⅡ -警視庁特殊急襲部隊[SAT]」 400ページ ジウ〈2〉―警視庁特殊急襲部隊 (中公文庫)新品価格¥720から(2016/8/4 14:32時点) 3冊目 宮部みゆきさんの 「希望荘」 460ページ 希望荘新品価格¥1,890から(2016/8/4 14:33時点) 4冊目 山口幸三郎さんの 「探偵★日暮旅人の贈り物」 292ページ 探偵・日暮旅人の贈り物 (メディアワークス文庫)新品価格¥637から(2016/8/4 14:34時点) 5冊目 誉田哲也さんの 「ジウIII  新世界秩序[NWO]」 453ページ ジウ〈3〉…

続きを読む

だれもが知っている小さな国

有川浩さんの「倒れるときは前のめり」を読んでから、 有川さんの作品を久々に読んでみたくなって読んだのが、 だれもが知っている小さな国 です。 だれもが知ってる小さな国 [ 有川浩 ]価格:1,512円(2016/7/31 23:46時点)感想(2件) コロボックルというと佐藤さとるさんの本。 有川浩さんのコロボックルシリーズは、 佐藤さとるさんとの対談がきっかけで生まれたそうで…。 アマゾンなどでのレービューを見ると、 佐藤さとるさんのコロボックルシリーズファンの方には、 少し不満が残る作品のようですが、 元祖のコロボックルシリーズを読んだことのない人は、 佐藤さんの本を読んでみたくなったという感想が多くみられました。 私も佐藤さんのコロボックルシリーズは、子供のころに 確か読んだはず…。といった感じでうろ覚え状態。 ですから、私も有川さんのこの本を読んで、 改めて?佐藤さんのコロボックルシリーズを読んでみたいと思いました。 お話は、はち屋(養蜂家)の息子ヒコが主人公。 花の季節に合わせて、全国を転々とする小学生。 主な舞台は北海道。 小学校4年の夏、ヒコは、同じはち屋の娘ヒメと出会い、 そしてコロボックルとも友達になるきっかけが…。 ヒコとヒメ、そしてその親子も共通の秘密を だれにも話さず大人になる。 コロボックルは本当にいるのでは、 と思えてくるちょっと身近なファンタジー物語です。 …

続きを読む

推理小説

秦建日子さんの 推理小説 推理小説 [ 秦建日子 ]価格:637円(2016/7/30 23:23時点)感想(140件) 新規開拓の作家さんの場合、 読み慣れるまで、ちょっと時間がかかることがあります。 秦さんの作品も最初はちょっと読みづらく感じて、 ペースが掴めるまで、ページが進みませんでしたが、 ドラマ「アンフェア」の原作だったので、 なんとなくストーリーが判っていたので、 段々と本来のペースに持っていくことが出来ました。 ドラマは再放送を見た程度なので、 原作とドラマの違いはよく分かりませんでしたが、 雪平夏見のイメージは、篠原涼子さんで違和感を感じず読めました。 女性刑事の作品は、色々と読んでいますが、 好きな女性刑事の作品のトップ3に入りそうです。 ちなみに 1位は乃南アサさんの音道貴子 2位は誉田哲也さんの姫川玲子 3位に秦建日子さんの雪平夏見 …です。 この作品も今のところ第5弾まで出ているので、 ぼちぼち続きを読んでみたいと思います。 アンフェアな月 [ 秦建日子 ]楽天ブックス 刑事雪平夏見 河出文庫 秦建日子 河出書房新社発行年月:2008年05月 ページ数:348p サイズ 楽天市場 by 殺してもいい命---刑事 雪平夏見 (河出文庫)河出書房新社 秦 建日子 Amazonアソシエイト by

続きを読む

ジウIII  新世界秩序[NWO]

誉田哲也さんの ジウIII  新世界秩序[NWO] ジウ(3) [ 誉田哲也 ]価格:761円(2016/7/29 23:27時点)感想(50件) ジウ三部作の最終巻。 ジウⅡ最後、信金立てこもり事件の爆破で、 多数の死者がでたSAT。 人員確保のため、基子にまたSAT復帰の辞令が出ます。 復帰した基子は、班長になり、優秀な部下5人を得ますが、 実はこの5人はすべてミヤジの息のかかった人物。 警察内、それも幹部ににミヤジと手を組む人物。 その人物とミヤジが巧みに基子を操ります。 物語のクライマックスは、総理大臣拉致と、歌舞伎町閉鎖。 誘拐事件の首謀者「ジウ」確保のために、聞き込み捜査をしていた 刑事たちも閉じ込められ、無残に殺される人物も出てくる中、 美咲と基子の上司小野が、封鎖された歌舞伎町に潜り込込みます。 このお話の背景は、 偶然にも、並行して読んでいた、 探偵★日暮旅人のファーストシーズンと同じで、 ドラッグ・警察の犯罪への加担・愛の3つ。 背景の点では異なりましたが、 ジウⅠ・ジウⅡを読んでいるときから、 この作品は、逢坂剛さんの百舌シリーズに、 ちょっと似た雰囲気を持つお話だな~と感じました。 国境事変 [ 誉田哲也 ]楽天ブックス 中公文庫 誉田哲也 中央公論新社発行年月:2010年06月 予約締切日:2010年06月18日 ペー 楽天市場 by …

続きを読む

探偵★日暮旅人の贈り物

探偵ものが続きます。 山口幸三郎さんの 探偵★日暮旅人の贈り物 探偵・日暮旅人の贈り物 [ 山口幸三郎 ]価格:637円(2016/7/28 19:10時点)感想(6件) 探し物~忘れ物の三冊で謎や疑問だったことが、 この贈り物で一気に解決?? 巻末のあとがきでは、物語完結のようなことが書かれていますが、 続編も出ているので、ファーストステージ完了のようです。 ドラック・警察の犯罪への加担。 物語の背景は、あまりいいイメージではありませんが、 ドロドロしていないのは、もう一つの背景「愛」の力が強いからかも。 一気に色々と解決していますが、 旅人と陽子の関係がうやむやなまま。 お話の中では旅人=たーくんとわかるのですが、 陽子自身はまだ気が付いていないような気がします。 陽子が旅人と「たーくん」が同一人物と気付くのはいつ? セカンドステージでは、陽子と旅人の関係がどうなるのか? 気にしながら?読んでみたいと思います。 探偵・日暮旅人の宝物 [ 山口幸三郎 ]楽天ブックス 第5弾 メディアワークス文庫 山口幸三郎 アスキー・メディアワークス KADOKAWA メディアワー 楽天市場 by 探偵・日暮旅人の壊れ物 (メディアワークス文庫)アスキー・メディアワークス 2013-05-25 山口幸三郎 Amazonアソシエイト by

続きを読む

希望荘

宮部みゆきさんの 「希望荘」 希望荘 [ 宮部みゆき ]価格:1,890円(2016/7/27 19:58時点)感想(1件) 希望荘は、 誰か 名もなき毒 ペテロの葬列 に続く杉村三郎シリーズ第4弾。 宮部みゆきさんの作品を読むのは約1年ぶり。 久々の宮部さんの作品、しかも好きなシリーズものの続編 ってことで、読み始めたらあっという間に読み終えてしまいました。 前三作は長編でしたが、今回は、 聖域 希望荘 砂男 二重身 ドッペルゲンガー の4つの短編が収められています。 前作『ペテロの葬列』で、妻の不倫が原因で離婚をし、 義父が経営する今多コンツェルンの仕事をも失った 杉村三郎の「その後」が書かれています。 聖域・希望荘は、三郎が探偵事務所を開いた直後 砂男は、仕事を失い、実家のある山梨県に戻っていた時のお話。 そして二重身は、東日本大震災のころの話になっています。 三郎が探偵業を生業にして、これからが本番? ただ、今多コンツェルン時代の編集長など、 馴染みの顔が全く出てこないのは、 さみしいな~と思っていたら、 睡蓮のマスターが三郎を追っかけて? 三郎の近所に侘助という喫茶店を開業。 新しい登場人物も人の好さそうな人たちばかりですが、 シリーズ当初からの登場人物がガラリと変わってしまうのも、 さみしいので、マスターの存在がちょっとうれしくなりました。 誰か [ …

続きを読む

季節の切り絵・切り紙20~竹1~

今回の切り紙で、 川崎由季恵さんの 「和の切り紙あそび」の 十二か月の花木歳時記がすべて切り終えたことになります。 7月の竹 竹の図案は、お正月の図案として紹介されていることが多いので、 ちょっと季節外れのような気もしますが…。 でも、七夕の笹飾りなど、竹が青々として見えるのは今の時期。 今回の作品は、竹というより笹というほうが、夏っぽく感じるのかも。 今回の作品は、7月も残りわずかになり 慌てて切った作品なので、線がガタガタ。 切り直しをしたい作品の1つです。 12か月の作品を加工する前に、 切りなおしたい作品がいくつかあるので、 この作品もその仲間入りになりそうです。 草花や動物モチーフの切り絵 [ 松原真紀 ]楽天ブックス 自然の形が美しい 松原真紀 文化出版局発行年月:2016年07月23日 予約締切日:2016年07月 楽天市場 by 切り絵作家gardenのPAPER CUTTING 花と動物たちと可愛いもの切り絵朝日新聞出版 2016-07-20 garden Amazonアソシエイト by

続きを読む

ジウⅡ -警視庁特殊急襲部隊[SAT]

誉田哲也さんの ジウⅡ -警視庁特殊急襲部隊[SAT] ジウ(2) [ 誉田哲也 ]価格:720円(2016/7/22 21:30時点)感想(55件) ジウⅠの読書記録でも、説明しましたが “カンヌ”の異名を取る27歳の門倉美咲と、 格闘技に長けた肉体派の25歳の伊崎基子の 2人の女性警察官が主人公のお話。 Ⅰでは、特殊犯捜査係(SIT)に所属していた美咲と基子。 美咲はIで碑文谷署生活安全課少年係に異動後、 児童誘拐事件の特別捜査本部に参加、東主任とコンビを組み、 Ⅱでも、誘拐事件の主犯ジウを追い続けています。 基子の方は、Ⅰで初の女性SAT隊員となり、 SAT配属後、『沙耶華ちゃん事件』で1人で 実行犯グループ5人を制圧した活躍により特進し巡査部長に昇任、 上野署交通捜査係へ異動。 フリージャーナリスト木原と独自にジウを追っていたところ、 ミヤジと接触し「新世界秩序」への協力を求められます。 今回も続きを早く読みたくなる作品でした。 ジウ(3) [ 誉田哲也 ]楽天ブックス 新世界秩序 中公文庫 誉田哲也 中央公論新社発行年月:2009年02月 予約締切日:2009年02月 楽天市場 by 国境事変 (中公文庫)中央公論新社 誉田 哲也 Amazonアソシエイト by

続きを読む

探偵★日暮旅人の忘れ物

7月も後半戦?スタート。 貯まりつつある読書記録をそろそろまとめないと、 また来月に持ち越しになりそうなので…。 7月は「7月中に読んだ本は、7月中に記録に残す」を 実行できるよう読み終えた順に、お片づけを始めたいと思います。 山口幸三郎さんの 探偵★日暮旅人の忘れ物 探偵・日暮旅人の忘れ物 [ 山口幸三郎 ]価格:615円(2016/7/16 18:29時点)感想(3件) 日暮旅人シリーズ第3弾です。 今回は、 隣の静寂 森の調べ 爆弾魔の憂鬱 雪の道 夢のぬくもり の5つの短編が納められています。 今回は、旅人の過去だけではなく、 雪路の高校生の頃のことや、 灯衣が旅人に預けられたいきさつなども判る 過去のお話もあります。 今回も、続きが気になる終わり方でした。 あとがきを読むと、とりあえず次の4冊目で 何か決着?するみたいです。 とにかく、このシリーズは、私の中では気になるものになりそうです。 探偵・日暮旅人の贈り物 [ 山口幸三郎 ]楽天ブックス 第4弾 メディアワークス文庫 山口幸三郎 アスキー・メディアワークス KADOKAWABKSCPN_ 楽天市場 by 探偵・日暮旅人の宝物 (メディアワークス文庫)アスキーメディアワークス 2012-08-25 山口 幸三郎 Amazonアソシエイト by

続きを読む

カルトナージュのお勉強15~ストックボックス~

6月は全く手作りをしてなかった訳ではないのですが、 中途半端にあれこれ手掛けていたので、 完成品がなく、結局紹介出来るものがありませんでした。 まあ、言い訳を長々としてもしょうがないので、 まずは作品を。 こちらの作品は、 「布で飾る小箱 かわいいカルトナージュ」 という本に掲載されていた「ストックボックス」を参考に作りました。 貼ったのは布ではなく、半端に余ったシールシート(100均で購入) 大きさはA4サイズのファイルが納まるので、 ストックボックスとして利用するもよし、ファイルボックスとして利用するもよし。 とにかく、使い勝手の良い大きさです。 こちらも数作りたい作品の1つになりそうです。 かわいいカルトナージュ [ 小林優 ]楽天ブックス 布で飾る小箱 レディブティックシリーズ 小林優 ブティック社BKSCPN_【本ポイントアップ祭り】 楽天市場 by パリの布箱 selection de cartonnage カルトナージュ セレクションオフィス スズキ 2015-10-12 ラパンブラン Amazonアソシエイト by

続きを読む

2016年6月に読んだ本のまとめ

気合いを入れ直さないといけないな…と思いつつも、 なんとなく気合いが入らないまま、7月も既に半分が終わろうとしています。 気合い入れ直しの起爆剤?になるかは判りませんが、 本のまとめで、ブログ離れを阻止してみたいと…。 6月はブログも手作りもおさぼりした分、読書ははかどりました。 1冊目 東野圭吾さんの 「人魚の眠る家」 392ページ 人魚の眠る家新品価格¥1,728から(2016/7/12 15:00時点) 2冊目 有川 浩さんの 「倒れるときは前のめり」 344ページ 倒れるときは前のめり新品価格¥1,512から(2016/7/12 15:01時点) 3冊目 西尾維新さんの 「掟上今日子の推薦文」 402ページ 掟上今日子の推薦文 (講談社BOX)新品価格¥1,404から(2016/7/12 15:02時点) 4冊目 誉田哲也さんの 「ジウⅠ 警視庁特殊犯捜査係[SIT]」 391ページ ジウ〈1〉―警視庁特殊犯捜査係 (中公文庫)新品価格¥720から(2016/7/12 15:03時点) 5冊目 堂場瞬一さんの 「愚者の連鎖 アナザーフェイス7」 436ページ 愚者の連鎖 アナザーフェイス 7 (文春文庫)新品価格¥778から(2016/7/12 15:04時点) 6冊目 堂場瞬一さんの 「裂壊-警視庁失踪課・高城賢吾」 459ページ 裂壊―警視庁失踪課・高…

続きを読む

探偵★日暮旅人の失くし物

ここまでが、6月に読んだ本の読書記録。 山口幸三郎さんの 「探偵★日暮旅人の失くし物」 探偵・日暮旅人の失くし物 [ 山口幸三郎 ]価格:658円(2016/7/3 19:52時点)感想(2件) 今回も4つの短編が納められています。  老舗の味  死体の行方  母の顔  罪の匂い お話自体は、1編読みきりで、 あまり繋がりもありませんが、 旅人の過去が少しずつ明らかになったり、 陽子先生と旅人親子の関わりがより深くなったりと、 編が進むたびに変化が表れていて、 続きが早く読みたくなる作品でした。 そして、今回も読み進めていくうちに、 続きが気になることが、いくつか出てきました。 視覚・聴覚・嗅覚・味覚・皮膚感覚の五感の内、 視覚以外の4つが欠落している旅人が、 罪の匂いの中で一瞬ですが、嗅覚を取り戻します。 こんな感じで、味覚や聴覚、皮膚感覚も 徐々に取り戻すことができるのか? また白石警部と旅人の関係、 雪路の素性。灯衣の両親や旅人が灯衣を預かる理由など、 続編でこのあたりも明らかになるのかとても気になり、 次を読むのが楽しみな1冊でした。 探偵・日暮旅人の忘れ物 [ 山口幸三郎 ]楽天ブックス 第3弾 メディアワークス文庫 山口幸三郎 アスキー・メディアワークス KAD…

続きを読む