裂壊-警視庁失踪課・高城賢吾

きゃ~
気がつけばもう7月
6月中に読んだ本の記録を6月中にUPすることが出来ませんでした。
・・・っていうことで、本のまとめをUPする前に
6月中に読んだ本の記録のUPをすることに。


またまた警察もの。
今回は前作に続き、堂場さんの作品

堂場瞬一さんの

裂壊―警視庁失踪課・高城賢吾

裂壊 [ 堂場瞬一 ]

価格:925円
(2016/7/1 10:23時点)
感想(8件)




本の内容からは、ちょっと外れますが、
「裂壊」の意味について、ネットや広辞苑(第三版)で
調べてみましたが、該当なし。

まあ、字からすると「裂けて壊れる」と言った意味なんでしょうが…。

今回は、失踪課室長が謎の失踪。
今まで、阿比留真弓室長の私生活が不明でしたが、
この巻で、色々と判ります。

室長の失踪と同じくして、女子大生の捜索願の届け出。
女子大生の名は、鈴木美知。

2つの失踪は全く無関係と思いきや、思わぬところで繋がりがあり、
そして2つの失踪には、昔、阿比留が昇進のきっかけとなった事件が
大きく関わっていることが判り、解決に向け急展開します。

このシリーズこの裂壊で5作目になりました。
失踪課シリーズは全部で10作。
残りもあと5作。年内読破の目標もなんとか目途が立ってきました。

冒頭でも、言い訳しましたが、
6月中に読んだ本があと1冊あります。
そちらも急いでまとめて、なるべく早く記録に残したいと思います。








波紋 警視庁失踪課・高城賢吾 中公文庫 / 堂場瞬一 ドウバシュンイチ 【文庫】
HMV ローソンホットステーション R
基本情報ジャンル文芸フォーマット文庫出版社中央公論新社発売日2011年02月ISBN97841220


楽天市場 by 波紋 警視庁失踪課・高城賢吾 中公文庫 / 堂場瞬一 ドウバシュンイチ 【文庫】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




遮断 - 警視庁失踪課・高城賢吾 (中公文庫)
中央公論新社
2011-10-22
堂場 瞬一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 遮断 - 警視庁失踪課・高城賢吾 (中公文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック