牛乳パックでカルトナージュ?その6~引出タイプの小物入れが出来るまで前半~

どの程度の作り方を紹介しようかな?

なんて悩んでいるうちに日ばかりが過ぎてしまいました。


とりあえず、これくらい紹介すれば、何とか作り方判るかな?


まあ、前置きはいい加減にして、

まずは、材料・道具のご紹介から。


材料
・牛乳パック 1000ml 3本分
・カレンダーなど裏が白いちょっと厚めの紙
・シールシートまたは、布
・つまみをつける場合はダルマピン 1本

道具
・カッター
・カッターマット
・スティックのり
・木工用ボンド
・シャープペン
・定規
・はさみ
・セロハンテープ
・洗たくばさみ

では、ようやく作り方に入ります。
ここで、紹介するのは、切込みが入った引出しです。

まずは、はさみで牛乳パックを開きます。
画像


開くときは、継ぎ目のところにはさみを入れます。
3枚とも同じように開きます。

画像


3枚の牛乳パックから必要なパーツを切り抜きます。

画像


全部で9つのパーツとなります。
こちらの画像の上段3つのパーツが箱本体になります。
下段、6つのパーツは、内貼り及び底に貼りつけるものになります。

画像


一番大きなパーツに側面になるパーツをセロハンテープで仮止めします。
この仮止めの際に、パーツとパーツの隙間を1mm程度開けて貼ります。


画像


一番大きなパーツの表面(印刷されている方)にスティックのりを付け、
カレンダーに貼りつけます。

側面にのりしろを1cm付けて後は、パックの周りをカッターで切り落とします。
(画像は切り落とした後のもの)

のりしろおよび、側面部分に折り目をつけてから、
糊のついていない牛乳パック及びのりしろに糊をつけて貼りつけます。

画像


糊が乾くまでは、剥がれやすいので、
洗たくばさみなどで繋ぎ目を挟んでおくと後の作業がやりやすくなります。

画像


両面を白くしておくことで、薄手の布を貼りつけた際にも、
牛乳パックの印刷が透けて見えて気になることもないと思います。


ここまで出来れば、後はシールシート(又は布)を貼るだけですが、
長くなったので、今回はここまで。
後半編はまた後日ということで…。

もう少しお待ちください。










牛乳パックでつくる便利なおうちこもの
楽天ブックス
牛乳パックをかわいくリサイクル レディブティックシリーズ ブティック社発行年月:2011年03月 ペ


楽天市場 by 牛乳パックでつくる便利なおうちこもの の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック