こんなのみ~つけた!

このブログにも読んだ本の記録を残しておりますが、
手作り作品と一緒に記録しているので、後でいつ読んだっけ?と
振り返るにはちょっと不便を感じていました。

そこで、何かいい管理ソフトなんかないかな~と、
インターネットで「蔵書管理」とか「読書記録」などで検索してみたところ、
「読書メーター」というものを見つけました。

読書メーター登録

まだ、始めたばかりで、操作方法などはおぼつかないのですが、
読み終えた本を登録するだけで、冊数やページ数がカウントされたり、
グラフが作られたりします。
そして下のようなブログパーツもあるので、
ブログに張り付けたりして、読書記録が数字やグラフで見れるので、
ちょっと読書の励みにもなりそうです。

えとせとら☆さんの読書メーター


えとせとら☆さんの読書メーター

読書メーターの紹介は、今回はこのくらいにして、
溜まってしまった読み終えた本の記録を・・・。

年末年始に読み終えた本の2冊目は、
海堂尊さんの「アリアドネの弾丸」です。




アリアドネは、バチスタシリーズの第5弾。
今回も白鳥&田口(田口&白鳥のほうが正しいのかな?)が大活躍??

前作のイノセント・ゲリラの祝祭は、主が会議というもので、
白鳥の暴走?も控え目でしたが、今回は全快!

機器メーカーの技術者の不審な死から、話が始まります。
AIセンターの設立が事件の引き金になり、
そして東城大学病院内で、
元警察庁刑事局局長が射殺されるという殺人事件が起こります。
その容疑者として、高階病院長が拘束される…。

病院長の容疑を晴らすために、田口&白鳥が、
謎を解き明かす。

白鳥の暴走も痛快ですが、高階病院長の腹黒タヌキぶりも健在で、
殺人事件なのに、思わず笑ってしまう場面もあり、
なかなか読みごたえのある作品でした。








ショスタコーヴィチ:交響曲全集(11枚組) (shostakovish:SYMPHONIES)
Brilliant Classics
2001-12-01

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ショスタコーヴィチ:交響曲全集(11枚組) (shostakovish:SYMPHONIES) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





モルフェウスの領域
楽天ブックス
海堂尊角川書店/角川グループパブリッこの著者の新着メールを登録する発行年月:2010年12月登録情報


楽天市場 by モルフェウスの領域 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2011年01月11日 20:04
読書メーター 便利そうですねぇ
簡単な感想も書き込めるのかしら?

海堂さんの本 早く文庫化されないかなぁ♪ 楽しみに待ってよ~っと
moonは昨日から伊坂幸太郎さんの「ゴールデンスランバー」を読み始めました。映画化(見てないけど)されたので 主人公は堺雅人さんイメージで かなりドキドキのストーリーです
みーこ
2011年01月11日 22:56
読書メーター、面白そうですね
えとせとら☆さんのペースだったら、上位にランキングしそうですよね~{%上昇webry%。あっ?競うものじゃなくて、記録するものなのかな
読む気力がジャンジャン湧いてきそうな、便利ツールですね~。
えとせとら☆
2011年01月12日 13:59
moonさん
まだ、読書メーター始めたばかりで、機能を使いこなせてはいないんですけど、本の感想も書き込めたりもできますよ。
機能の使い方や便利に感じたことなどは、本の紹介と一緒にしてみたいと思います。
私は、2.3日前から、畑中恵さんの「アイスクリン強し」を読み始めました。
私も「ゴールデンスランバー」映画は見ていないけど、いつか読んでみたいと思っている1冊です。
手元の在庫?が片付いたら読んでみたいと思っています。
えとせとら☆
2011年01月12日 14:09
みーこさん
そうですね読書メーターは、ランキング形式のものではないみたいです。
ただ、相性のいい読書家?さんとか、同じ本を読んだ人の感想なんかも読めるので、面白いですよ。

それから、読んだ本だけではなく、これから読んでみたい本なども管理できます。
興味があったら、みーこさんも始めてみて下さい。

この記事へのトラックバック

  • 【司法と医療は相性が悪い】アリアドネの弾丸

    Excerpt: 司法の闇は深い。人が作り出した世界なのに、自然界の闇よりも、人工物の社会の闇の方が深いというのは、いったいどういうことなのだろう。(407ページ) Weblog: ぱふぅ家のサイバー小物 racked: 2011-06-01 18:47