えとせとら☆..:*:あれこれ★れぽ〜と:*:..

アクセスカウンタ

zoom RSS ことづて屋

<<   作成日時 : 2017/01/17 21:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

この本で、先月分の読書記録が完了。

前置きも短めに読書記録に突入します。

濱野京子さんの
「ことづて屋」

ことづて屋 [ 濱野京子 ]

価格:669円
(2017/1/17 21:10時点)
感想(0件)




この本を読んでみようと思ったのは、
カスヤナガトさんの装画作品というのが、第一の理由。

第二の理由は新規開拓の作家さんにもなるので、
いいかな?と思ったことです。


主人公山門津多恵(やまとつたえ)は、ちょっと特殊な能力を持った人物。
母の突然の死がきっかけとなり、死者からの伝言が頭の中に響いてくるようになり、
そしてその言葉を宛てた人物に伝えるまでは、津多恵は楽になれません。

また、多津恵は重度の方向音痴。
そんな多津恵を見るに見かねて、手助けしてくれるのが、
恋人からの伝言を伝えに行った時に出会った美容師の大迫恵介。
その時々の状況に相応しく津多恵をメイクして変身させ、
方向音痴の彼女を目的地まで連れて行くために同行してくれます。

あとがきに、作者がこの作品を書くきっかけになった理由が書かれていました。
そのきっかけとは、東日本大震災。
地震の記憶が消えないよう作品に残したいという気持ちが、
作品の中からも感じ取れました。
また、JR福知山線の事故とは、はっきりと書かれてはいませんでしたが、
津多恵の母親の突然の死の原因は、この事故なんだろうと思わせられる内容でした。
多分これも忘れてはいけない事故。

事故・災害が起きるたびに、過去のことが忘れられがちですが、
いつまでも忘れないよう、記憶しておくことの大事さをこの本から
教わった気がしますし、心温まる作品でもありました。


チョコブラウン
やさしい嘘
カサブランカ
負け犬の意地
厚すぎる友情
幸せになりなさい

の6編が収められています。








ことづて屋(停電の夜に) [ 濱野京子 ]
楽天ブックス
ポプラ文庫ピュアフル 濱野京子 ポプラ社発行年月:2016年01月04日 ページ数:256p サイズ


楽天市場 by ことづて屋(停電の夜に) [ 濱野京子 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




その角を曲がれば
講談社
濱野 京子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by その角を曲がれば の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ことづて屋 えとせとら☆..:*:あれこれ★れぽ〜と:*:../BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる